協会概要

概要と沿革

本協会は鉄道が明治の文明開化の先駆的役割を演じた時代を背景に明治31年11月帝国鉄道協会として創始されました。

創始時代の歴代会長には川上操六、児玉源太郎、井上勝、寺内正毅、 大隈重信等明治政府の元勲が名をつらね、会員にも当時の著名人が多数加入して、鉄道事業の改良進歩をたすけ兼ねて会員の親睦を図ることを目的として活動してきました。 以来100有余年に及んでいますが、この間時代の推移とともに鉄道は交通機関の先駆的役割から他の交通機関とともにその使命の一翼をになう立場となり、昭和22年その名称を社団法人日本交通協会と改正し、平成24年4月には公益法人改革を機に一般社団法人としてスタートすることとなりました。

帝国鉄道協会

名称 一般社団法人 日本交通協会
所在地 東京都千代田区丸の内3-4-1 新国際ビル9階916号 案内図はこちら
TEL:03(3216)2200 03(3216)4081 FAX:03(3216)4087
設立 明治31年11月28日帝国鉄道協会として創始されました。
事業目的 鉄道事業の改良進歩をたすけ兼ねて会員の親睦を図る
会員数 平成30年3月31日現在
正会員(個人)720名 正会員(法人)212社